Constanza

コンスタンサの日本人居住区 COLONIA JAPONESA

1956~59年、約18ヘクタールの優良農地を無償譲渡するなどとした日本政府の募集に応じて、249家族1319人がドミニカ共和国に移住した。しかし、約束の土地はもらえず、生活は困難を極めた。大半が日本に帰国したり、ブラジルなどに転住したりした。とどまったのは47家族。移住者たちは募集要項を守るよう、現地の大使館に訴え続けた。90年代に入ってからは代表者が頻繁に来日、直接外務省などに訴えたが相手にされず、2000年に126人の移住者らが国に損害賠償を求めて提訴した。東京地裁は06年、国の責任を認める判決を出したが、20年の除斥期間が経過したとして請求は棄却。原告は控訴したものの、移住50周年の年でもあり、国が謝罪することなどを条件に取り下げた。 ※2014-04-01 朝日新聞 朝刊 3社会

ここ、コンスタンサの日本人居住区(コロニア ハポネサ)にも約60年前35の日本人家族が入植した。今もなおここコロニア ハポネサには、当時入植した家がほとんどかわることなく残っており、移民者たちが積み重ねてきた時間を感じ取れる場所になっている。現在は数家族のみの日本人がここに住んでいる。移住者の方々を尋ねてみた。突然の訪問だったにもかかわらず優しく歓迎してくれた。

 

関連記事

  1. コロンブスが眠っていたサンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂
  2. コロンブスの家、アルカサル宮殿
  3. 首都サントドミンゴから最も近いビーチリゾート ボカチカ Boca…
  4. サムライの魂を引き継ぐドミニカ剣士たち | 剣道
  5. 絶滅した先住民タイノ族の壁画が残る「奇跡の洞窟」
  6. 新大陸を指さして立つコロンブスの像
  7. 秘境の滝 アグア ブランカス
  8. バテイの人々を支援する慈善団体 フンダシオン・セントラル・バラオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ろう者を支援する国際協力団体の代表として
  2. Project for BATEY チャリティーイベント in バラオナ
  3. スウェーデンの発祥の世界最大の家具量販店イケア in ドミニカ共和国

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. バラオナのビーチへくり出そう!
PAGE TOP