Amusement

エスタディオ・キスケージャで野球観戦!

日本人がドミニカ共和国と言ってまず思い浮かべるのが”野球”だ。毎年、数多くの選手をメジャーリーグに送り出し、2011年第3回ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)の王者だ。その野球大国ドミニカ共和国の聖地と言っても過言ではないのが、1995年に開場されたエスタディオ・キスケージャ(Estadio Quisqueya)。サントドミンゴを本拠地にしているティグレス・デル・リセイ(Tigres del Licey)とレオネス・デル・エスコヒード(Leones del Escogido)のホームグランド。ドミニカン・リーグ(Liga de Béisbol Profesional de la República Dominicana)において、リセイはメジャーリーグで言うNYヤンキースと言える一番の人気チームである。またエスコヒードも強豪で、日本では横浜DeNAベイスターズ筒香 嘉智選手が2015年に武者修行として参加した チームとして知られている。

ドミニカン・ リーグはサマー・リーグ(MLB傘下のマイナーリーグの一つ)と10月から翌年2月までのウィンター・リーグが開催され、このウィンター・リーグの優勝チームはラテンアメリカ王座をかけて争うカリビアンシリズ (Caribbean Series)の出場資格を得る。※カリビアンシリーズはドミニカ共和国、プエルトリコ、ベネズエラ、メキシコ、キューバによって争われる。

ウィンター・リーグの開催時期はメジャーリーグもオフシーズンのため、メジャーリーガー、マイナーリーグの選手も調整を兼ねて参加する選手も多い。メジャーリーガーにお目にかかる機会があると言うことだ。ここで、よりよい選手をより安く獲得するため、各国の各球団のスカウト担当者はこの球場に足を運ぶ。勿論、日本のプロ野球球団のスカウト担当者も多い。

ドミニカン・ リーグで何より良いのが、選手との距離の近さだ。球場で出待ちをしていると選手のサインをもらえたり、一緒に写真を撮ったり、話したりも出来る。ここで将来の大物選手を一足お先にチェックするのも面白い。

【ドミニカン・リーグは全6球団】

アギラス・シバエーニャス(サンティアゴ)

エストレージャス・オリエンタレス (サンペドロ・デ・マコリス)

ヒガンテス・デル・シバオ(サン・フランシスコ・デ・マコリス)

レオネス・デル・エスコヒード(サントドミンゴ)

ティグレス・デル・リセイ(サントドミンゴ)

トロス・デル・エステ(ラ・ロマーナ)

スケジュールはこちらでご確認できます→ LIDOM.COM

 

関連記事

  1. カカオの国 ドミニカ共和国でチョコレートづくり体験 in Kah…
  2. ドミニカの日本庭園 | 日本庭園
  3. ドミニカのルーツがわかるドミニカ人類博物館
  4. ドミニカ共和国最大のスタジアム エスタディオ・シバオ
  5. 世界有数のクジラ観賞スポット、サマナでホエールウォッチング(La…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ろう者を支援する国際協力団体の代表として
  2. Project for BATEY チャリティーイベント in バラオナ
  3. スウェーデンの発祥の世界最大の家具量販店イケア in ドミニカ共和国

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. バラオナのビーチへくり出そう!
PAGE TOP