Santo Domingo

アメリカ大陸発見500年記念に作られた巨大なコロンブス記念灯台

ドミニカ共和国を語る上で忘れていけないのはクリストファー・コロンブスだ。彼がイスパニョーラ島(現:ドミニカ共和国)に漂着したのが1492年。そこから1992年の500周年記念としてエル・ファロ・ア・コロン(El Faro a Colon)と名づけられたコロンブスの墓が建設された。コロンブスの遺体は遺言に従ってサントドミンゴ(ドミニカ共和国の首都)大聖堂へ安置されていたが、エル・ファロ・ア・コロンが完成されるとコロンブスの遺体はここに移された。一説にコロンブスの遺体はスペインにあり、数年前にDNA検査の結果が出て、スペインのセビーリャに眠るのものが本人だと確認されたそうだが、本当の所は不明。コロンブスが新大陸を発見した10月12日には棺が開けられ一般公開される。

建物を上から見ると十字架の形をしており、夜にイルミネーションが灯る夜空に十字架が現れる。この建物は46カ国が援助で建てられており、内部は棺とともにそれらの国の文化や歴史を紹介する展示物が国ごとに展示されている。

サントドミンゴ、オサマ川近くのミラドール・デル・エステ公園内にある。

 

関連記事

  1. リモンの滝 Cascada del Limón
  2. 首都サントドミンゴから最も近いビーチリゾート ボカチカ Boca…
  3. コンスタンサの日本人居住区 COLONIA JAPONESA
  4. コロンブスの家、アルカサル宮殿
  5. 秘境の滝 アグア ブランカス
  6. コロンブスが眠っていたサンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂
  7. ドミニカ独立戦争の英雄の塔 Monumento a los Hé…
  8. サマナ湾に臨む趣ある港町サマナ Samaná

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ろう者を支援する国際協力団体の代表として
  2. Project for BATEY チャリティーイベント in バラオナ
  3. スウェーデンの発祥の世界最大の家具量販店イケア in ドミニカ共和国

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. バラオナのビーチへくり出そう!
PAGE TOP